1. HOME
  2. 手法から探す
  3. 超音波

超音波

超音波とは、人間の可聴域より高い周波数の音を指します。超音波を用いた検査の原理は、超音波を出して返って来た超音波を観測するという方法です。一般的な、例を挙げますと山彦を挙げると分かりやすいです。山彦は、前方の山に向かい自分の口から音を出して山に当たって返って来た音を聞くとういう現象です。音を出して返って来た音を受信する方法は同じです。

超音波を用いた検査では、検査対象の内部を検査する・表面の割れを検査する・厚さ測定などを行う事が出来ます。

>>超音波探傷の原理はこちらから

自動検査システム

超音波画像描画システム

可搬式検査ユニット

ハンディータイプ

非破壊検査に関するご相談はお気軽にお問い合わせください。

非破壊検査をご検討の方へ

お問い合わせのご参考に