お知らせ一覧

ダイヤ電子からのお知らせ情報です。

お知らせ一覧へ

2021/10/06
展示会出展のお知らせ
ダイヤ電子では、下記展示会へ出展を致します。

第7回 鉄道技術展(幕張メッセ)ブースNo.I-02
 2021年11月24日(水)~26日(金)
 超音波を用いた技術や渦電流を用いた技術を展示致します。

皆様のお越しを御待ちしております。
2021/06/29
ZETEC WEBセミナーのご案内
ZETEC WEBセミナーのご案内を掲載しました。
2021/06/07
フェーズドアレイ用語集のページを開設
フェーズドアレイ超音波探傷法の一般的な用語を説明したページを作成しました。

製品ラインナップ

PRODUCT LINEUP

超音波探傷機器

超音波探傷機器

超音波を利用した非破壊検査に使用されており、コンパクト性や持ち運びが簡易な探傷機器を販売しております。

詳細ページへ

自動車・建機用部品自動検査装置

自動車・建機用部品自動検査装置

駆動伝達装置(トランスミッション・デファレンシャルなど)に使用される溶接部品や鍛造部品、エンジン関連に使用される溶接部品、焼結部品などの全自動検査装置をご提案させて頂きます。

詳細ページへ

フェーズドアレイ超音波探傷装置【ZETEC】

フェーズドアレイ超音波探傷装置
【ZETEC】

複数の振動子にて送信・受信した信号の位相(時間)を電子回路で制御し送信・受信波形を形成する手法を用いた超音波探傷器を販売しております。

詳細ページへ

パワーモジュール・セラミック複合材料探傷装置

パワーモジュール・セラミック複合材料探傷装置

各種素子が組み合わさり構成されるパワーモジュール、セラミック複合材料の検査装置をご提案させて頂きます。

詳細ページへ

放射線透過試験用機器

放射線透過試験用機器

工場内部など場所を選ばず設置する事が出来るX線発生装置を販売しております。

詳細ページへ

金属・コラム・素材用自動探傷装置

金属・コラム・素材用自動探傷装置

配管用や構造物の鋼管、大きな構造物に活用する大型品、素材の中間検査・最終検査用探傷装置を製造致します。各種検査規格に適合する探傷装置を構築致します。

詳細ページへ

工業用内視鏡

油圧部品の検査から航空機のエンジン内部の検査に適した工業用内視鏡を販売しております。

詳細ページへ

自動検査 測定システム用機器・その他機器

自動検査・測定システム用機器・その他機器

自動システムに組み込むための各種超音波探傷器、超音波厚さ計、渦電流探傷器などを取り揃えています。お客様でご準備頂いた機構部への組み込みもご相談下さい。

詳細ページへ

社会インフラシステムストラクチャー検査システム

社会インフラシステムストラクチャー検査システム

加速度的に発展する社会インフラストラクチャー(インフラ)設備を検査する装置を製造致します。製造後のメンテナンス等のサポートも行っております。

詳細ページへ

手法・用途から探す

SEARCH BY METHOD AND APPLICATION

用途に応じて様々な検査手法を用意しております。

導入分野紹介

INTRODUCTION FIELD

導入分野の紹介します。

ダイヤ電子応用は、非破壊検査の手法の中でも主に、
超音波、エックス線、渦電流を用いた検査機器や自動化装置のご相談やご提供に
特に強みを発揮できるスペシャリスト集団です。

非破壊検査とは、検査対象物の内部や表面のきずあるいは設備の劣化の状況などを「もの」を壊さずに検出する検査手法です。
そのための「目」として、超音波、X線、渦電流等を媒体として利用します。
この非破壊検査手法のメリットと致しまして、製品の全数検査や検査の自動化・無人化、又稼働中のプラントの検査(ISI)が可能となります。
素材からの加工工程及び完成時の製品の検査、設備の建設時の検査などに適用することにより、製品や設備の信頼性を高めることに役立っています。
また、橋梁や建築構造物などのインフラ設備の溶接部の施工時及び保守検査、石油化学プラントや発電プラント設備の保守検査として、
非破壊検査により稼働中でもインフラ設備の健全性を調べること(ISI)が可能となり、継続的に安全に使用することができます。

弊社は今後も、「品質と安全をサポート」を目的として、あらゆる検査対象に最適な非破壊検査機器・装置を提供して参ります。

企業案内

非破壊検査や超音波探傷の枠に囚われず、お客様のニーズにマッチした最適な手法とツールを選択して、製品を最適化・高付加価値化する事が私共の使命です。

詳細ページへ

採用情報

当社では現在採用活動を積極的に行っています。理念に共感し、共に歩んでいただける方のご応募を心よりお待ちしています。

詳細ページへ

コラム

Column