1. HOME
  2. 製品ラインナップ
  3. 各種インフラシステム検査装置
  4. デジタル自動X線装置

デジタル自動X線装置

デジタル自動X線装置

本装置は被検査体の下側にX線発生器を、上面にフラットパネルディスプレイ(以下FPD)を配置し、約200mmずつに分割して半連続的に撮影を行う、デジタル自動X線検査装置です。

装置特徴

1.被爆線量の低減
FPDは感度が高いので、管電圧がフィルムの1/2程度になり、撮影時間も1/10以下になります。

2.検出性能
フィルム同等以上の画像が得られます。(画像像処理して見易いデータ表示)

3.効率向上(コストダウン)
1ショットの撮影所間は、1/10以下になり、現像時間が無い為に1秒程度で画像表示します。

4.自動化による省人化
本システムは、基本的に1人で使用します。

5.フィルムレス
煩わしいフィルム管理から解放されます。

お問い合わせはこちら


X線照射台車(上)とFPD撮影台車(下)


取得画像(溶接部のブローホール欠陥)

非破壊検査に関するご相談はお気軽にお問い合わせください。

非破壊検査をご検討の方へ

お問い合わせのご参考に