フェーズドアレイ超音波探傷装置 TOPAZ16

HOME > 製品ラインナップ > フェーズドアレイ超音波探傷装置【ZETEC】 > フェーズドアレイ超音波探傷装置 TOPAZ16

 

フェーズドアレイ超音波探傷装置  TOPAZ16

  Topaz16_Face.jpg
TOPAZ16本体

TOPAZ16_Side_Connectivity.png
インターフェース
TOPAZ16_Back.png
本体背面

 

TOPAZ16は、小型化した筐体にクラス最高水準の機能を備えたコストパフォーマンスの高いポータブルフェーズドアレイ超音波探傷装置です。Ultra Vision Touchソフトウェアを標準搭載しており、全てのZETEC製超音波装置と共通のこのソフトウェアプラットフォーム1つで多くの役に立つ機能を活用できます。

特徴

・柔軟性に富んだクラス最高レベルの使用環境温度範囲
・複数プローブの接続およびマルチグループ設定機能
・10.4インチ高解像度マルチタッチディスプレイ
・優れたコストパフォーマンス
・使用環境を選びません


製品仕様
基本仕様
外形寸法(HxWxD) 221mm×271mm×120mm
重量 4.54kg(バッテリ1個搭載時)
マルチタップディスプレイ 10.4インチ
1024×728ピクセル 
外気取込

No(密閉筐体)

フェーズドアレイチャンネル 16/64
16/128
通常UTチャンネル

パルスエコー×1
又は
ピッチ&キャッチ×1

波高値分解能 16ビット
最大繰返パルス周波数 12kHz
最大パルス電圧 105V PAUT/215V 通常UT
帯域幅(-3dB) 0.5MHz~18MHz PA
最大フォーカルロウ数 256
エンコーダ 2軸(位相差出力)
ソフトウェア UltraVision Touch 搭載
搭載ハードドライブ 128GB SSD
使用環境温度範囲 -10℃~45℃
保管温度範囲  -40℃~70℃
湿度 ~ 80%以下(結露なきこと)
装置の校正 ISO-18563-1/EN12668-1に準拠
用途/実績例

・溶接検査
・コロージョンマッピング
・マニュアル探傷(PA、通常UT)
・自動探傷
・TOFD検査
・複合材料検査
・その他複雑な対象物向けの特殊アプリケーション


      TOPAZ16を用いたコロージョンマッピング

 
ラインナップ
型番 概要
ZPA-IUT-TOPAZ-
16/64P-KIT
最大16チャンネル同時励振、64エレメントまでのプローブが制御可能な多機能ポータブルフェーズドアレイ超音波装置です。フェーズドアレイプローブのコネクタは無挿抜式(ラッチ式)で接続でき、さらにパルス・エコー方式やTOFD検査等に利用可能な2つのLemo00コネクタも備えています。
ZPA―IUT-TOPAZ-
16/128-KIT
最大16チャンネル同時励振、128エレメントまでのプローブが制御可能な16/64モデルの汎用性をさらに強化した多機能ポータブルフェーズドアレイ超音波装置です。フェーズドアレイプローブのコネクタは無挿抜式(ラッチ式)で接続でき、さらにパルス・エコー方式やTOFD検査等に利用可能な2つのLemo00コネクタも備えています。

 
 
 
 
 
お問い合わせ

  • 製品に関するご質問、ご相談はお気軽にお問い合わせください
  • 06-6101-1013
  • 【受付時間】9:00~18:00 (土・日・祝日は除く)
  • お問い合わせはこちら