部品検査装置

HOME > 製品ラインナップ > 部品検査装置

電子ビーム溶接部超音波探傷装置 サークルエコー

  • 電子ビーム溶接部超音波探傷装置 サークルエコー
  • サークルエコー条件設定画面
  • 条件設定表示(パソコンモニター)

 

サークルエコー結果表示

  • 検査結果表示(パソコンモニター)

サークルエコーは、電子ビーム溶接機の下流に配置し、溶接品を全数検査するオンライン装置で24時間稼動が可能です。超音波探傷法により目視検査では見付ける事ができない重大欠陥品を検出します。

検査の必要性
電子ビーム溶接機は、高速性や自動化への適応性が高く、自動車メーカーを中心に数多く採用されている非常に信頼性の高い溶接機です。 しかし、洗浄や圧入等の前工程も含め完璧な溶接条件を継続できないと、思わぬ不良品が発生する事があります。 特に、生産性の高い電子ビーム溶接機では、何らかの方法でリアルタイムに品質確認をし、不良品が連続する様であればラインを停止して、不良の原因を取り除く必要があります。
 
機構部仕様
ワークサイズ : 直径Φ200mm 以下
ワーク重量 : 5kg 以下
処理能力 : 10~30SEC/個
検出欠陥 : 下表による
お問い合わせ

欠陥の種類と発生原因

目はずれ ワークの着磁・溶接機ジグ等の着磁・加工不良・溶接条件の設定ミス・溶接機の不具合(偏向アンプ、電子回路、搬送系など)ワークの材質(熱による起電力発生)
溶け込み不足

溶接機陰極の劣化・溶接機の不具合

溶接条件の設定ミス(溶接速度、溶接電流)

ブローホール 洗浄機の故障・洗浄液の劣化・ワークの材質(低融点化合物、蒸気圧の低い元素など)・ワークの頑固な汚れ
割れ ワークの材質(炭素量、不純物、化合物など) 溶接条件の設定ミス(溶接速度・溶接電流など)

耐熱基板超音波剥離検査装置 基板接合不良検査装置

  • 電子ビーム溶接部超音波探傷装置 サークルエコー
装置概要

耐熱型基板の接合不良検査をオフラインで自動検査する装置です。

搬入ステーションにワークを置くと、表裏面を同時に検査し目視では検査できない剥離部を検出して、不良部にマーキングをしてから搬出します。

 
検査仕様
 ① 検査方法  : 超音波パルス反射法
 ② 処理能力  : 30秒/枚
 ③ 判定処理  : 自動判定 
 ④ 結果記録  : 日時、機種、検査個数、OK個数、画像検査データなど
 ⑤ ワーク搬入出: 30枚入キャリア2式を手動セット
お問い合わせ

冷鍛シャフト 内部クラック超音波探傷装置

  • 冷鍛シャフト検査装置
  • 冷鍛シャフト検査装置結果画面
  • 検査結果表示(パソコンモニター)
装置概要
本装置は、冷間鍛造品の内部に発生する内部割れ(シェブロンクラック)を超音波探傷法にて検出します。検査後のワークは水切りしてストッカーに排出します。
オプションとして、装置内に芯ブレ測定と計尺機能を追加することが可能です。
 
検査仕様
対象欠陥:ワーク内部に発生するシェブロンクラック
       ワーク芯ブレ異常(オプション)
       ワーク長さ異常(オプション)
ワークサイズ:長さ270mm以下
判定処理:自動判定
処理能力:10秒/本
お問い合わせ

鋳造部品・焼入れ部品亀裂検査装置 部品亀裂検査装置  PET-2000

鋳造部品・焼入れ部品亀裂検査装置 部品亀裂検査装置  PET-2000

PET-2000は、自動車などの鍛造部品や焼入れ部品に発生する割れなどの重大欠陥を、渦流探傷試験で高速かつ正確に検査する装置です。
パーツフィーダに投入したワークを1個ずつ整列させて、検査した後に良品パレットに搬出し、欠陥品は自動で不良品パレットに排出します。 渦流探傷器はデジタル式で、出力信号を高周波サンプリングして読込み、変化量を算出する事で、ノイズに影響され難くい再現性の高い検査と、端部の未検査範囲を低減することに成功しました。

概略仕様
(1) ワークサイズ : 40×40×4mm
(2) 検査速度 : 3秒/個
(3) 傷検出性能 : 0.5mmスリット
(4) 探傷チャンネル : 4CH
お問い合わせ

焼結部品ろう付け部 接合不良自動検査装置

  • ろう付け部品 自動検査装置
  • ろう付け部品 自動検査装置 結果画面
  • 検査結果表示(パソコンモニター)

焼結部品などのロウ付け部の接合不良を、超音波探傷法により全数検査する装置です。

被検査体仕様
   ① 材 質 :金属(鉄・非鉄)
   ② 形 状 :接合部は部分的な異形状に対応
   ③ 寸 法 :Φ200mm以下
 
検査仕様

   ① 検出性能:0.5mm以上の接合不良(検査ピッチによる)
   ② 処理能力:サイクルタイム 20秒/個 以上 

      (検査ピッチと周回数による)

お問い合わせ

X線自動異物検査装置

  • X線部品検査装置

部品に混入した異物をX線透過試験法により検出して、異物混入品を自動排出する装置です。X線は物質の比重差を検知しますので、比重差の大きい異物は検出性能が向上します。ワークをベルトコンベア上に自動投入するインラインタイプと、パーツフィーダーに投入するオフラインタイプを選択できます。

被検査体仕様
   ① 材 質 :樹脂、アルミなどの低比重の部品
   ② 形 状 :四角形、丸形などの単純形状
   ③ 寸 法 :100mm以下の小型品
 
検査仕様

   ① 検出性能:0.3mm以上の異物(材質により変化)

   ② 処理能力:サイクルタイム 5秒以上 (ワークサイズにより変化)

お問い合わせ
  • 製品に関するご質問、ご相談はお気軽にお問い合わせください
  • 06-6101-1013
  • 【受付時間】9:00~18:00 (土・日・祝日は除く)
  • お問い合わせはこちら