鉄鋼

HOME > 導入分野紹介 > 鉄鋼

 引抜鋼管自動超音波探傷装置

引抜鋼管に発生する割れなどの欠陥を、超音波探傷法で「全面検査」or「シーム探傷」する装置です。ワーク投入ステージに一定量のパイプを置き、検査を開始するとワークを一本ずつ切出して、全数終了したら停止します。ワークに欠陥があった場合は、欠陥部にマーキングをしてデータ処理装置にマップデータを表示/保存します。
キーワード
引抜鋼管、内面割れ、外面割れ、矯正割れ、熱処理割れ、シリンダーチューブ

 角形コラム超音波探傷装置

門型構造の機構部でワーク移動式のインライン型超音波探傷装置で、建築用コラムのシーム溶接をJIS-G0584と建築学会基準に準拠して検査します。計尺機能・ビード追従機能・マーキング装置などを装備しています。

>>角型コラム超音波探傷装置

キーワード
 角形素管、建築材、建築用コラム、建築学会

ERW管端超音波探傷装置

ERW製造ラインの管端部検査で、前工程で自動超音波探傷をして未検査域となった両管端200mm程度を自動探傷する装置です。
シーム部の斜角探傷/垂直探傷/厚み測定を同時に行います。
キーワード
タンデム探傷、手探傷、斜角探傷、垂直探傷、 同時探傷、フッククラック、ペネトレーター

圧延ロール使用層超音波探傷装置

 

ロールの外周面より合金層と境界層を超音波探傷法でオフライン検査する装置です。
探傷結果はABCスコープ表示、合否判定判定、合金層の厚さ測定などを行います。

>>圧延ロール超音波探傷装置

キーワード
表面亀裂、チル層、チル層剥離、ハイスロール、鋳造ロール、ニッケルクロムロール、ロール、ロール検査、使用層

オンラインERW超音波探傷装置

Φ300~700mmの電縫鋼管を対象とした溶接部の検査を行います。 本装置では探傷ヘッドがワーク始端部を検知して着管し、管軸方向へ搬送されることで探傷します。
パルス反射とタンデム探傷を同一の探触子で行い、装置の小型化と探傷エリアの拡大を実現しました。
キーワード
ミルコン、電縫鋼管、ERW

超音波Cスキャン装置

一定量圧延した□300mm程度の鋼板を超音波で画像処理して、厚み方向のどの部位に介在物が多いかを検査します。
キーワード
Cスキャン、Cスコープ、超音波画像、含有率、介在物、サンプル検査、実験機器

大型溶接鋼管超音波探傷装置

大型構造用鋼管や配管用鋼管 API、ASME、DNV、ISO、JIS を対象としたオフライン検査を行います。 配管用鋼管や構造用鋼管において直径3mまでの大径鋼管の長手溶接部をオフラインで超音波探傷します。

>>SAW大径鋼管超音波探傷装置

キーワード
API、ASTEM、ISO、DNV

小径管溶接部自動超音波探傷装置

小径電縫鋼管の溶接部のみを超音波探傷法で高速かつ高精度に自動探傷するインライン装置です。欠陥が有ると溶接部上に自動マーキングをします。また、管端部の未検査範囲は10mm以下になっています。
キーワード
電縫鋼管、電縫管検査

角ビレット自動超音波探傷装置

角ビレットに発生する内部の有害欠陥を超音波探傷法で検出して、欠陥部にマーキングする装置です。
キーワード
ビレット、角ビレット、介在物検査

  • 製品に関するご質問、ご相談はお気軽にお問い合わせください
  • 06-6101-1013
  • 【受付時間】9:00~18:00 (土・日・祝日は除く)
  • お問い合わせはこちら