電気・ガス・石油化学

HOME > 導入分野紹介 > 電気・ガス・石油化学

TOFD法超音波探傷装置

TOFD法は欧米で認められた超音波探傷方法で、エクソンやシェルなどのメジャーも、X線検査に変わる検査手法として規格化しています。

キーワード
圧力容器、プラント検査、保守検査

 電力用シース超音波探傷装置

ロータリー式の超音波探傷装置です。垂直法4chと斜角法4chでシース全面を検査します。主に介在物とボイドが対象の検査です。
キーワード
回転式超音波、ケーブル検査、海底ケーブル、埋設ケーブル、鉛シース、アルミシース

LNGタンク超音波探傷装置

X線検査が主流であった検査を、工事期間の短縮・コスト削減を目的に可搬式の超音波探傷装置に置き換えました。
キーワード
LNGタンク 球形ガスホルダー LNG貯蔵タンク

水圧鉄管溶接部 自動超音波探傷装置

水力発電所用水圧鉄管を現地で製造する工程に於いて、溶接部を非破壊検査するための可搬式自動超音波探傷装置です。検査結果は画像表示を行い、適用規格に基づいた判定を自動で行います。
キーワード
水圧鉄管、溶接、パイプ、シームパイプ、溶接部、シーム溶接、周溶接、溶け込み不足、融合不良、高温割れ、縦割れ、横割れ、高温割れ

 金属柱腐食検査装置

送電柱や道路照明柱などの金属柱の地際や埋設部に発生する腐食を超音波探傷法で検出し、腐食・劣化度合の評価までを行う可搬式装置です。
キーワード
鋼管柱、金属柱、電柱、道路照明柱、埋設部腐食、パンザーマスト検査、劣化判定

溶接部自動X線検査装置

省人化とコスト低減を目的としてフラットパネルを使用した自動X線検査装置です。LNGタンクなどに使用する大型アルミ溶接部の検査に適用できます。

キーワード
フラットパネル、自動X線検査、アルミ溶接部、X線自動検査、X線連続検査

  • 製品に関するご質問、ご相談はお気軽にお問い合わせください
  • 06-6101-1013
  • 【受付時間】9:00~18:00 (土・日・祝日は除く)
  • お問い合わせはこちら