INFORMATION

ダイヤ電子応用は、非破壊検査の手法の中でも主に、超音波、エックス線、渦電流を用いた検査機器や自動化装置のご相談やご提供に特に強みを発揮できるスペシャリスト集団です。

非破壊検査とは、検査対象物の内部や表面のきずあるいは設備の劣化の状況などを「もの」を壊さずに検出する検査手法です。そのための「目」として、超音波、X線、渦電流等を媒体として利用します。
この非破壊検査手法のメリットと致しまして、製品の全数検査や検査の自動化・無人化、又稼働中のプラントの検査(ISI)が可能となります。素材からの加工工程及び完成時の製品の検査、設備の建設時の検査などに適用することにより、製品や設備の信頼性を高めることに役立っています。また、橋梁や建築構造物などのインフラ設備の溶接部の施工時及び保守検査、石油化学プラントや発電プラント設備の保守検査として、非破壊検査により稼働中でもインフラ設備の健全性を調べること(ISI)が可能となり、継続的に安全に使用することができます。

弊社は今後も、「品質と安全をサポート」を目的として、あらゆる検査対象に最適な非破壊検査機器・装置を提供して参ります。

よくあるご質問

よくあるご質問  
ダイヤ電子応用株式会社では お客様からご質問いただきました内容を分かりやすくQ&A形式にしました。
詳しくはこちら